米中小企業の楽観度指数が改善

10 11月, 2010 (17:22) | SME | By: admin

全米自営業連盟(NFIB)が9日に発表した10月の米中小企業の楽観度指数(1996=100、季節調整済み)は91.7となり、

前月比で2.7ポイント上昇しました。

全米自営業者連合(National Federation of Independent Business: NFIB)とは、

米国最大の中小企. 業に関する業界団体のことです。

直近のピークの今年5月(92.2)には及びませんでしたが、

3カ月連続で前月比プラスを記録しているという改善ぶりです。

NFIBは「景気回復の加速を予想させる伸びを示した」と評価したが「まだ不況の範囲内」と指摘。

OECD加盟国一覧

10 11月, 2010 (02:50) | OECD | By: admin

現在、OECDの加盟国は以下の33ヶ国となっています。

OECD加盟国(2010年11月現在)
オーストリア トルコ
ベルギー 英国
カナダ アメリカ合衆国
デンマーク 日本(1964年加盟)
フランス フィンランド(1969年加盟)
ドイツ オーストラリア(1971年加盟)
ギリシャ ニュージーランド(1973年加盟)
アイスランド メキシコ(1994年加盟)
アイルランド チェコ共和国(1995年加盟)
イタリア ハンガリー(1996年加盟)
ルクセンブルク ポーランド〈1996年加盟)
オランダ 大韓民国(1996年加盟)
ノルウェー スロバキア(2000年加盟)
ポルトガル チリ(2010年加盟)
スペイン スロベニア(2010年加盟)
スウェーデン イスラエル(2010年加盟)
スイス

その他にも、多数の国や地域がオブザーバーとしてOECDの種々の機関の活動には参加しているのが現状です。

OECDとは

9 11月, 2010 (14:52) | OECD | By: admin

OECDとは、「Organisation for Economic Co-operation and Development」の略で、日本語で言うと「経済協力開発機構」となります。

「先進国クラブ」という呼ばれ方もしています。

OECDには、ヨーロッパ諸国を中心にアメリカ・日本を含めて30ヶ国の先進国が加盟しており、本部はフランスのパリに置かれています。

OECDは発足から国際マクロ経済動向、貿易、開発援助といった活動を行っておりましたが、最近ではそれらに加えて持続可能な開発、ガバナンスといった新たな分野についても加盟国間の分析・検討を行っています。

OECD条約第1条には、OECDの存在意義・目的として以下の3つを挙げています。

経済成長・・・・・できる限りの経済成長、雇用の増大、生活水準の向上を図ること

開発・・・・・経済発展途上にある諸地域の経済の健全な拡大に寄与すること

貿易・・・・・多目的かつ無差別な世界貿易の拡大に寄与すること

【参考】Organisation for Economic Co-operation and Development

SMEとは

22 10月, 2010 (18:08) | SME | By: admin

SMEとはSmall and Medium Enterprisesの略称です。

Small and Medium Enterprisesは日本語で「中堅中小企業」の意味です。

中堅中小企業定義は、日本においては中小企業基本法にしたがうことになっています。

例えば、

・鉱工業・運送業などでは資本金一億円以下または従業員数が三〇〇人以下

・小売り業・サービス業などでは資本金一〇〇〇万円以下または従業員数五〇人以下

・卸売業では資本金三〇〇〇万円以下または従業員一〇〇人以下

上記のようなことを中堅中小企業(SME)と呼びます。

Hello world!

12 9月, 2010 (16:21) | UNCLASSIFIED | By: admin

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !